SSLについて

SSLとは、個人情報の漏洩を防ぐために暗号化された通信手段のことです。

サイトを安全に利用してもらうためには、SSL化は必須となります。

SSL化しないとどうなる?

SSL化していないサイトは、通信内容を簡単に傍受することができます。

例えば、カフェなどで共有Wi-Fiを使用するといった場面では、特に危険です。

簡単なホームページであっても、お問い合わせフォームなどで個人情報が送信されることもあるでしょう。

また、サイトにログインする時にパスワードが抜き取られる可能性もあります。

そのような危険を避けるためにも、SSL化が必要になります。

SSLしているサイトとそうでないサイトの見分け方

Google ChromeやSafariといったブラウザのURLが表示されているバーに、鍵マークがついていれば、それはSSL化されているサイトです。

WebサイトのURLはhttp:から始まるものと、https:から始まるものがあります。

SSL化されたサイトのURLはhttps:から始まるようになっています。

ローコストHPのSSL化

SSL化を行うためには、SSL証明書が必要になります。

ローコストHPでは、無料のLet’s Encryptを使用してSSL化を行います。